神戸国際大学 学術研究会

お知らせ

2019.3.13
学が丘論集28号を発刊いたしました。
 佳作・・・藤田陽子さんの論文が掲載されました。
2018.12.26
神戸国際大学紀要96号および、経済経営論集38巻2号を発行いたしました。
2018.6.20
神戸国際大学紀要95号および、経済経営論集38巻1号を発行いたしました。
2018.6.2
学術研究会主催の神戸国際大学創立50周年記念講演会が開催されました。
 URL・・・https://www.kobe-kiu.ac.jp/3940/
2018.3.30
神戸国際大学紀要神戸国際大学創立50周年特別第94号を発行いたしました。
2018.3.13
学が丘論集27号を発刊いたしました。
 佳作・・・川島鉄平さん(他2名)、井上敬司さん(他5名)の論文が掲載されました。
2017.12.20
神戸国際大学紀要93号および、経済経営論集37巻2号を発行いたしました。
2017.6.
神戸国際大学紀要92号および、経済経営論集37巻1号を発行いたしました。
2017.3.13
学が丘論集26号を発刊いたしました。
 佳作・・・福本佳奈さん(他3名・代表3名)の論文が掲載されました。
2016.12
神戸国際大学紀要91号および、経済経営論集36巻2号を発行いたしました。
2016.6.20
神戸国際大学紀要90号および、経済経営論集36巻1号を発行いたしました。
2016.3.11
学が丘論集25号を発刊いたしました。
 佳作・・・千代将徳さん(他2名・代表1名)の論文が掲載されました。
2015.12.20
神戸国際大学紀要89号および、経済経営論集35巻2号を発行いたしました。
2015.6.30
神戸国際大学紀要88号および、経済経営論集35巻1号を発刊いたしました。
2015.3.16
学が丘論集24号を発刊いたしました。
 佳作…森貴也さん・石戸秋洋さん(他1名・代表2名)の論文が掲載されました。
2014.12.19
神戸国際大学紀要87号および、経済経営論集34巻2号を発刊いたしました。
2014.6.20
神戸国際大学紀要86号および、経済経営論集34巻1号を発刊いたしました。
2014.3.20
神戸国際大学紀要85号(八代学院創立50周年特別号)を発刊いたしました。
2014.3.14
学が丘論集23号を発刊いたしました。
 佳作…薛偲さん・仙波義規さん・広瀬由衣さん(他代表5名)の論文が掲載されました。
 

新刊書籍

イラストでわかる 評価学

2020.03.10 書籍名:イラストでわかる 評価学
PT・OT学生を読者対象とした「わかりやすい」「興味がもてる」「ポイントを絞った」内容をPT・OTにおける評価測定学として継承したテキストです.「何のために検査をするのだろう?」という学生の疑問を解決してくれる一冊です.また多くの章で「介入場面の応用」の項を加え.検査で機能障害が認められた場合にどのような介入戦略を選択するのか,どのようなリスクや留意点があるのかなど,検査のための検査ではなく,検査結果を介入につなげる内容です.

イラストでわかる 内部障害

2020.01.10 書籍名:イラストでわかる 内部障害
初学者・新人セラピストを対象とし、豊富なイラストや図表・写真を用いて、内部障害に必要な知識について、コンパクトに、わかりやすく、興味の持てる内容でまとめたテキスト。理学療法士・作業療法士の国家試験出題基準に対応しており、必須知識を厳選してポイントを絞って解説。講義のテキストとして使いやすい全15章で構成された内容。

イラストでわかる 物理療法

2019.06.15 書籍名:イラストでわかる 物理療法
本書は教科書として扱いやすくしました。学生には理解を深めやすく、教員には教材資料として扱いやすくしました。15章の単元として、各章90分の講義で収まるようにしています。総論から始まり、各物理療法手段を理解してもらうために、定義、概念、治療目的、物理療法の特徴や治療メカニズムを含めて記載しています。15章では臨床現場を意識してまとめました。重要な内容やキーワードは赤字で示し、「です・ます調」で学生にも親しみやすい文章にしました。

新版 経済学辞典

2019.01.10 書籍名:新版 経済学辞典
経済学を学ぶ学生や、公務員試験などの各種試験受験者にも役立つよう、約1600項目を網羅。各項目の解説が長過ぎないよう、簡潔かつ平易な記述を心がけた経済学辞典の決定版。

統合と解釈がよくわかる実践!理学療法評価学

2018.03.25 書籍名:統合と解釈がよくわかる実践!理学療法評価学
本書は,第1章では評価過程の導入として障害状況を確認し,日常生活活動と機能的活動(基本動作)・機能との繋がりを理解することを助けるためにイラストを多用して解説しています.第3章の評価過程では,情報収集から統合と解釈のまでの一連の流れ,つまり,活動制限の原因となっている機能障害を同定するまでの思考過程を,わかりやすくイラストを用いて可視化として解説しています.

論文検索

・号数(巻数)
・原稿種別  
 
・論文タイトル
・執筆者
・キーワード